大くのひとを 祐けるひとへ 大祐医科工業株式会社
HOME 製品案内 特注品 会社概要 社会貢献
採用情報
弊社の存在意義
(おお)くのひとを(たす)けるひと。ドクターをはじめとする、医療機関でそれぞれの役割に従事する方々、そして、その命の現場に必要な医療器具・医療資材を納入するディーラーの方々など、それぞれの使命を果たしている方々に、弊社の製品を託して。
一方、(おお)くのひとを(たす)ける役割を担うに値する人物であろうとする私たち自らの意志。
社名にこの大きな二つの思いを込めて。
弊社の求めるひと(人材)へ
“おおくのひとをたすける”、“心を添える”、“取り組みの姿勢”、“言葉より語るもの”、“いま見えてるものがすべてじゃないぞ”などという言葉を聞いて、あなたの心に何か響くものがあれば、それは、弊社が求めるひと(人材)です。まずは、その心に響き合うもの。そこからすべてが始まってゆくと考えています。実際に、同じ理想を描き、同じ方向を向きながら、同じ空間で、同じ時を過ごしてゆくわけですから、心に響き合うものが似通ったものであるなら、職務を通じて、素敵な日々を過ごせると思いませんか。そういった日々を大切にできる方、また、そうありたいと願う方と一緒に仕事をしたいと弊社のメンバー全員が強く思っています。まず、最初の段階で、心に一致するものがなければ、到底、相互のパフォーマンスを最大限に発揮できるはずもないと考えています。
弊社は、“心・思い”をとても大切にします。冒頭のキーワードで心に何か響くものがあり、それが何かしらの熱意となり、原動力となる方ならば、弊社の社風と社員と軋轢なく、ご自身のパフォーマンスを最大限に発揮しながら仕事に専念することができるのではないかと思っています。
ひとが会社をつくる
会社とは、構成している人員の思いとスキルの集合体であると思っています。同じ会社であっても、構成する人員が変われば、全く違うものになります。「会社のためにとか、会社のために自分を犠牲にして」、というのは、おかしな話だと思います。会社は個人を超えて偉いもの、“何か得体のしれない絶対的な支配者”のようなイメージを持たれる方がいらっしゃるかもしれませんが、弊社のような熱い意志を持ったものだけが集う企業では、「会社とは、つまり自分自身なんだよな。」ということに気がつきます。会社が個人を超えず、会社は自分たちであると。もし、あなたが私たちの仲間に加われば、また会社は形を変えることになるでしょう。それは、あなた自身が会社の要素となるからです。自分の理想を貫けば、それは自然に会社に反映される、自分の取り組みや意思が、「会社」になってゆくものだと思っています。
人は誰でも、“いい会社”に入りたいと思うはずです。
それなのに、なかなか“いい会社”に出会えないというのはどういうことでしょう。
 お偉いさんが、希望をもって入社した社員に対して、「いい会社にしよう!会社を変えるのは君たちだ!」とよく言います。でも結局、“いい会社”になるための取り組みや熱意を刈り取られてしまうという現状。
せっかく、新しい風を入れようと志高い人材が入社しても、結局、何も変えられない、何も変わらない。永遠に“いい会社”にたどり着けないという無限ループ。それは、企業の「過去の栄光・伝統という呪縛」が文化になってしまって強固にまとわりついているからではないでしょうか。それが、いつまで経っても“いい会社”を形成しえない要因になっているのではないか。“いい会社”にしようと理想を追求すれども、結局、遠く向こうの蜃気楼。
過去からの何か得体の知れない「しがらみ」や、悪しき「慣習」や「伝統」が渦巻く文化。長年やってきたことの正当化、これまで築いた伝統や企業文化こそが、今の会社なのだ!そこだけは変えないぞ!変わらないぞ!という壁。意固地になって守り、しがみつこうとする過去への執着。確かに過去の素晴らしい遺産もあるでしょう。しかしながら、それはそれとして大切にするとしても、いつまでも過去の栄光にしがみつき、いつしか柔軟性のない価値観を持ち始めてしまうような企業になってしまったら、弊社のような零細企業は、破滅の一途を辿ることになるでしょう。
新しい風、新しい色、いいじゃないですか。大歓迎です。
成長、やりがい という言葉でごまかさない
「成長できるとか、やりがいがある」という言葉をよく目にします。「成長」、「やりがい」って何でしょうか? このことについて社員と一緒に深く考えています。何のための成長か、誰にとっての成長か、成長、やりがいという名の、「やった感」。そこには空っ風だけが吹いているだけ。実は、自分を苦しめるだけの努力だったり…、「成長・やりがい」という言葉にうまく乗せられていないか、ごまかされていないか? 一昔前の根性試しのような「うさぎ跳び」を強いるような、そのような思考の落とし穴にはまらないようにしたいと、私たちは、問題意識を持っています。自分自身が実感として心から思えるものだけが、その人にとっての価値のあるものだと思います。成長・やりがいは、日々の仕事のなかで、自分自身で実感として感じて欲しいと願っています。
深奥にある景色
弊社では、先述の通り、“心・思い”を大切にします。その心の発露のもとに、取り組む姿勢、そして努力のもとに結実した取り組みを評価します。そこに年齢や性別は関係ないと思っています。弊社では、いわゆる成果主義をとらず、営業のノルマも何かの必達目標すら掲げていません。それを強いても、良いパフォーマンスに結びつかないと考えているからです。企業の理念を自覚し、何をすれば、相手に喜んでもらえるか、自分なら何ができるのか、こうやったらどうだろうか、真の問題点はどこにあるのだろうか、と日々思考し、観察しながら、他者の思いを汲む、自分や会社の得意なことを知る、また、苦手なことを知ることなど、日々出来わく事柄と真剣に向き合うことで、そこに気付きや学びがあれば、おのずと自らの役割を自覚し、“実行するひと”になっていくものと考えています。
“大(おお)くのひとを(たす)けるひと”を真に目指すひとは、そう「あるべき」だという義務感以前に、自らそう望み、行動してしまうものだと心から信じています。心を添えて取り組む姿勢に個性が表れ、回りまわって、成果がついてくるものだと思います。私たちは、心から、そういう透明な意思を持った方との出会いを楽しみにしています。出会いは始まりです。一緒にお仕事できる日々が始まることを何よりも楽しみにしています。 
このページを見ていただいたすべての方に会いたいわけではありません。
このメッセージを読んで、何か心に響くものがあった、たったひとり、“たったひとりのあなた” に1日も早く、お会いしたいのです。

まだ見ぬ、「(おお)くのひとを(たす)けるひと」へ。
職務内容
≪事務系総合職(英語スキルが必要)≫ *未経験者大歓迎*
 
受発注管理、納期管理、伝票入力 などの事務業務に加え、PCスキルを駆使して、より業務効率化を目指せる方を募集しています。

そして、現在、弊社の置かれているビジネス環境は、今や、英語力は必須となっています。むしろ、英語力は大前提として「論理性」や「表現力」、このスキルの差がビジネスの明暗を分ける要素になっていると思っています。さらに、より大切なことは、まずは相互の理解と、「思い」だと実感しています。国や文化は違っても、弊社は、やはり常に“心”を大切にします。ビジネスにおける「信用」は、国境を越えて共通して価値あるものだと認識をしており、その「信用」も普段の取り組みの“心映え”の結果で構築されてゆくものだと、職務を通じて気づくことになると思います。また、相手の企業に対しても同じような価値観を持つ、心ある企業との取引を希望しており、結果的にそのような企業としか取引をしていないことに気づきます。あなたの持ち前の英語力、論理(力)、表現力、コミュニケーション力を発揮して、より強固な関係性を築いて欲しいと願っています。

*より詳しい業務内容は、1次面接にて、会社案内を含めてお伝えいたします。

   

≪職務としての大前提≫

 
@“心を添える”
弊社が一番大切にしていることです。どんな仕事にも心を添えて。それは一番難しいことかもしれません。私たちとかかわる方々の多くは、顔の見えない相手ばかりです。だからこそ、なお一層に、心を添えて仕事をすることで、コミュニケーションを図る必要性があると考えています。心を添えて仕事をすることに楽しみを持てる方でないと弊社での仕事は難しいかもしれません。
  A潤いのある日々を
日々真剣に仕事をしていると、もっといいやり方があるのではないか、効率性があがるのではないか、改善点に気付いてくるものです。自分の思いや考えが、理に適っているものであれば、採用し、即実行する風土の会社ですから、自分の頭に描いたことが、自身の熱意とスキル次第で、より高次元の取り組みができ、潤いのある日々を過ごせることになってゆくと信じています。
*賃金に関する具体的な金額等は、個人情報にもつながってゆくものになりますので、ホームページでは掲載いたしません。
総合カタログ
お問い合わせ
電話 03-3813-5661
土日祝日を除く 9:00〜17:00
E-mail product@taiyu-medical.co.jp
 
〒113-0033 東京都文京区本郷3丁目21番地10号 浅沼第2ビル2階
TEL:03-3813-5661(代) FAX:03-3813-5623